スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敢えて聞く

大阪に来て10日ちょい。


どの職場にいっても、どんな集団に所属しても絶対に1人は「苦手だなーこの人」と思う人はいる。

すぐ怒られたり、チクチク言われたり、自分のこと良く思ってないんだろうなーという人は1人はいる。

そしてそういう人に限って自分に近いポジションで働くことになる事が多い。

直属の上司とか直属の部下とか自分の教育係とか同じ仕事のパートナーとか…

弟ジローが言っていたが、重要なのはそういう「自分にとって怖い存在」「苦手な存在」「できれば関わりたくない存在」にこちらから「敢えて聞く」こと。

なぜ、自分にとって怖いのか、苦手だと感じるのか、関わりたくないのかというと
多くの場合その理由は「その人のことがよくわからないから」。

ではなぜその人は自分を怒るのか、チクチク言うのか、突き放した態度を取るのかというと
多くの場合その理由は「その人も自分のことをよく分かっていないから」。


弟の話の例で分かり易かったのは高校時代の話。


ある練習試合で試合に使ってもらえず、途中出場。

途中出場したかと思えば団席からけちょんけちょんにかもられ、数分で交代。

それがしばらく続いたそうだ。

やることなすこと全部怒られる。周りにも同じようなプレーしてるやつおるのに自分だけが怒られる。他のやつも怒られるが自分はその比ではないほど怒られる。

それはそれは歯がゆかったろう。

なんでや!なんで俺だけこぎゃん言われなんとや!と思っただろう。

ある日、また例の如く練習試合でベンチスタート→交代出場→かもられる→途中交代。

その日弟は交代させられた直後に先生のところへ直訴に行ったという。

「じゃあどうすればいいんですか!」
あの状況を僕はこう捉えたので、こういう風に考えて、こういうプレーを選択しました、それが間違っているなら、どうすべきだったか、どういう選択肢を選ぶのが最適だったのか教えて下さい、と。



先生は意外にもきちんと説明してくれたらしい。

チームとしてこういうコンセプトでやっているから、お前のポジションにはこういうプレーを期待する。
だから、あの状況でのあの選択は間違っている、みたいな。

ここでキーポイントになるのは、先生は弟がなぜそういうプレーをするのか「分からなかった」弟もなんでそんな怒られるのか「分からなかった」

それを解消したのが弟の「敢えて聞く」という姿勢だったのではないかと思う。

普通に考えたら雷を落とされた後なんて、近づきたくない。もうこれ以上怒られたくない。けどそこを「敢えて聞く」。

先生が、こいつの今のプレーは間違っているかもしれないが、こいつはこういう風に考えているから今のプレーになったのか、と理解してくれれば頭ごなしに怒る必要もなくなるだろうし、確認だけで済む。

プレーする側も先生にはこういうプレーを求められている、先生はこう考えているので今の自分のプレーは間違っていたのかな、と理解できればたとえ怒られたとしてもフラストレーションはそこまでたまらないだろうし、伸び伸びプレーできるのではないだろうか。

弟はそれ以降、怒られていてもいなくても「敢えて聞く」を繰り返していたそうだ。

今のはあれでよかったですか?こういう風に考えてこういうプレーをしましたが他にもっといい判断がありましたか?などなど





財布は落とす、チャリはパクられる、金はせびってくる、定期なくす、そんなクズ人間の上にどうしようもなく歯並びの悪いブサイクな弟だが、たまにはいい話をするものだ。

ここでめちゃくちゃ重要なのは、この「敢えて聞く」姿勢が何もサッカーだけに言える話ではないということだ。今までここに書いてきたことは全て仕事に当てはまる。

怒られる時の理由の多くは
1自分の考え方が根本から間違っていた場合か
2相手が自分の考えを正しく理解しておらず、自分も相手のことを正しく理解していない場合
のどちらかではないかと思う。

怖い人はいる。

けどそういう人にこそ「敢えて聞く」。
(僕はこういう状況だったのでこう考えてこうしました。どうするのが一番良かったですかね?)

理解しようとする、知ってもらおうとする。
(今やれと言われている仕事でここは分かるんですけど、こことここは分からないんですよね、どう思いますか?教えていただけませんか?)


仕事のストレスを軽減するだけでなく、誰とでも良好な人間関係を築くことができるようになると思う。

「あの人はああいう人だから」と蓋をしてしまっては状況は絶対に良くならない。

こちらから歩み寄る姿勢と学ぼうとする謙虚な気持ち、そして同じ職場で働くチームメイトという意識が前提になるだろう。

仕事だって企業というチームで戦っている。
理念というコンセプトを元に
社長という名の監督が
利益を出すという勝利に向かって
指揮をとっている。

もっと細かく見れば自分が所属している部門、部署がチームで
行動計画をというチームコンセプトを元に
上司という名の監督が
目標達成という勝利に向かって
指揮をとっている。




















大阪感!


グリコネオン!


お好み焼き!


かに道楽!


なんばグランド花月!

からの!



坂田師匠!


京セラドーム!


満喫!!!




中村太郎物語大阪編

10月7日にこちらに到着し、10月9日から出勤開始。



昨日まで5連勤で今日やっと休み!

ひゃほー!

仕事の方は今までの経験が全く生かされない、まさに転職!

しかも右も左も分からない土地で!

誰も俺のことを知らない環境で!

予想してたより厳しい!

予想してたよりも、厳しいぃー!!

今まで高校、大学、社会人、と今までの環境を変えたいと敢えて厳しい環境に身をおこうと今の俺と同じように単身飛び込んできた友達が何人かいた。

やっぱ、そういう思いを持って来てるやつらというのは並々ならぬ意識を持って何事にも取り組んでいた。

今、自分も同じような立場に立ってみてその意識の重要性を感じる。

せっかく来ているのだからただ仕事を覚えて帰るだけでなくそれ以上のことを身につけて帰らなければ!

そんなこんなで今やってる仕事はひたすら揚げ物朝から晩までコロッケ揚げたり唐揚げ揚げたりフライドチキン揚げたり…

油吸ってるから食欲なく、朝昼は飯が食えない(笑)

夜はせめて食おうと思い自分の揚げたコロッケを(笑)

服は油まみれ、ついには排泄物からもコロッケの匂い(笑)


今日は遊んでリフレッシュやぁー

とある1日

朝、市役所に行って転出届の手続き。

いよいよだな、という感じ。


せっかくなので市役所の食堂で朝ごはん。



こちらのおそば230円!
安い!もっと早く知っておけばよかった!

ちなみに、日替わりランチは380円!
安い!市役所に勤めてる人以外もオッケーなんでもっとバシバシ行っときゃ良かった。

そしてその後


高校時代の六個下の後輩(下僕)ヒロとラストランチ!

最後なのに話の内容はiPhoneの話と俺がやってるゲームの話(笑)

で、意外とあっさり「じゃっ!」と解散(笑)

そんなんもんかな!

その後宇部に移動して


なおとランチ!(笑)

ランチ2回目!

こちらはヒロとは打って変わってサッカー、仕事の話に始まり、お互いの家族、これからの人生までかなり深い話!!


そして夜は両親学級!



妊婦擬似体験と沐浴を勉強!









いろんなことが大きく変わろうとしている!



ソレデーワノチホード

ヒューモア小笠原社長、阿部専務と会食



先日、久々に「人生の先輩」ヒューモアの小笠原社長、阿部専務とご一緒させていただいた。

思い起こせば3年前、図書館で先も見えない、給料も安い(けど今より野望には燃えて、希望に満ちていた、確実に)生活を送っている時、度々のみに連れて行ってもらっていた。

やはり海千山千の社長や阿部専務のお言葉には仕事のみならず人生でも多いに役に立つヒントが詰まっており、
俺はその言葉を取りこぼすまいとしゃれおつなバーでノートを広げてはメモをとっていた。



フォアグラ!これを贅沢にもレーズン入りフランスパンにつけて食べる!




自家製ソーセージと和牛のグリル!

和牛はなんとワサビをつけて!

なんだこの世界観は!(笑)

今回もまたありえないくらい美味しいお料理とためになるお話ができた。

そして少しだけ自分の成長を実感できたひと時だった。



社長!阿部さん!ありがとうございました!!

季節料理うえむら

大学時代四年間アルバイトをした料理屋に、先日熊本から来た両親と嫁さんの両親とで行って来た。

ここでは、料理の出し方、上座と下座、言葉遣いやら礼儀とマナーやらありとあらゆることを教わった。



まかないが毎日の、楽しみでフグ、猪、カニ、、、などたらふくいただき、仕事後のビールまでいただいて毎日ベロンベロンで帰宅していたのはいい思い出だ。





うえむらで使う食材のほとんどは旦那さんが捕ってくるのが特徴。

6月には鮎、秋は猪がうまい。

それ以外の食材もその日に市場で買って来たもの。

時には鴨を捕って来たりして一羽千円で羽むしりをした。

死んだばっかりの鴨の羽を一本残らずむしり取るのはいい気分ではなかったが、これが動物の命をいただくということなのかと思った。


当時小学生だったお孫さんも

高校三年生で今年のインターハイに出場したとか(少林寺拳法)

時が経つのは早いが大阪に行く前に久々にお伺いできてよかった。

また行きたい。

ありがとうございました!

下関センター



大阪への研修派遣を言い渡されて約一ヶ月、先週の金曜が実質的な勤務の最終日であった。



嫌なこと、つらいこと、血尿が出るほど追い込まれたりもしたけど
それも含めていい経験をさせてもらえた。



何より、素晴らしい仲間たちと巡り会えたことは、これからのコープ人生にとってもプラスな事だった。

2年半、ありがとうございました。

近況







いろんな方に会ってます!!

引っ越し準備いい加減せな!

いまは市役所で手続き中…


ソレデーワノチホード

奇跡の週末その3みんなからのプレゼント~幻の米焼酎自我田編~

サプライズでいただいた幻の米焼酎自我田!


みんなからの寄せ書き入りで喜び倍増!

自我田とは 熊本県人吉市の豊永酒造から年に一度のみ発売される、特約店の中でも限られた所だけで販売される限定酒。

豊永蔵はすべてにおいて、顔の見える農家からオーガニック米を仕入れ仕込みに使用するが
この「自我田」に使われる原料米はすべて、
自社の田んぼで収穫した米のみを使用して仕込まれている。

そのため、少量のみしか出荷されない名品。

飲みやすくどっしりとした味わい!

濾過を全くしていないため、昔ながらのかまどで炊いた米本来の旨味と、香ばしい香りが口一杯に広がる。








最高!

奇跡の週末その2かつ山会ファイナル~下関来たことあるのにここ行ったことないとかまじで下関来たことないのと同じだよ編~

梨狩りから帰ってきて夜は恐れ多くも俺の送別会!

場所は月に一回は利用している下関の名店かつ山





もつ鍋と焼き肉を同時進行で楽しめる珍しいお店!

月に一回の贅沢はここと決めている。

この店に出会えたことは下関に来た意味があったというもの。

まじで下関住んでる人行ったがええばい!

ここの常連というのをいいことに
マスターにはむりを沢山言ったものだ。

「焼き肉のメニューをもつ鍋に入れさせてくれ」→余裕でオッケー
「刺身食いたいんやけどなんかない?」→オッケー
「誕生日のやつおるからケーキ持ち込ませてくれ」→楽勝でオッケー
「ワイン持ち込ませてくれ」→85000円になりまーす(笑)

高!何85000て!(笑)

絶対みんなに言ってるネタやん!






と言った具合にいっぱい無理を聞いてくださった!

下関の名店!



おいチャンおばちゃんありがとう!

必ずまたきます!


プロフィール

Trees

Author:Trees
中村太郎

1987年11月10日生


熊本県立大津高校出身。高校時代の公式戦出場は0。その後2006年に山口県立大学に進学、2007年に中国リーグ日立製作所笠戸事業所サッカー部に加入。2008年には山口県代表として第89回天皇杯に出場。その年にJリーグに参入することになるファジアーノ岡山に0-6で敗れる。2009年シーズン終了後、就職活動を幾に日立笠戸サッカー部を退団。2010年1月、フットサルチーム、レッドリボン軍に加入。山口県リーグ、PUMAカップ三連覇。2011年~13年山口県選抜。2012年には中国地域代表として全国3位に。また、2011年シーズンよりフットサルに平行し、ビーチサッカーチーム、アグレッソ山口の一員としても活動。2011年、12年全国ビーチサッカー大会三位。

日々、中国リーグ昇格を目指して奮闘中。

もう一息
もう一息と言ふ処でくたばつては
何事もものにならない。

もう一息
それにうちかつてもう一息
それにも打ち克つて
もう一息。

もう一息
もうだめだ
それをもう一息
勝利は大変だ
だがもう一息。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
今、何人!?
目指せ、100万人!!
今、何位!?
18歳以上の方はこちらから・・・笑

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。